« (vol.4 ☆お腹の中で育まれてのち 男のお子さんを亡くされた おかあさんへ) | トップページ | ( vol.2 ☆ お腹の中に宿られてまもなく、男のお子さんを亡くされた おかあさんへ) »

.「光の中へ」 ~Little Valley ~

             ( スタートボタンのクリックで メロディを聞きながら手紙を読むことができます )

Angel_03 vol.3  お腹の中で育まれてのち、女のお子さんを亡くされた おかあさんへ 

3_4

Photo_14 「 ありがとうをおかあさんへ

           ~天国から、愛を込めて~ 」

     ~ おかあさん、ありがとう ~

     私を宿したと知って 心から喜んでくれた日に・・・

     お腹の中で大切に守り育んでくれたやさしい時間に・・・

     私と生きていく未来を信じて 

              夢見てくれた日々に・・・

      (たとえ、その日々がほんのわずかな

                  短い期間だったとしても・・)

     私を受け入れ 愛してくれた日々に

               心からの 、ありがとうを・・・。

< 私が、おかあさんのお腹に生まれた

              あの日のことをお話しするね >

私はその時、お空の上にいた。そう、みんなが天国と呼ぶところ・・・。

たくさんの子供たちが無邪気に遊びたわむれながら

やがて地上に生まれでるその日を待っていたの。

ある日、神様が現れて 私にこう言ったわ。

「今度、生まれていくのは君の番だよ。でも君にはね

特別な魂としての役目がある。

それは (命の尊さ=愛) を伝えてくることなんだ。

”命というものがいかに愛しく尊い存在であるか

命を愛する心がいかに人の心をやさしくさせ

その人生を豊かなものへと変えてゆくか・・・

命とは 時に、はかなさを秘めたものであり

だからこそ、大切に守っていかなければならないことを・・・”

だから、とても辛いことだけど

君はおかあさんのお腹に宿ってのち

やがて外の世界を見ることもなく

すぐ又ここへ戻ってこなければならない。

いいかい、それが今回の人生で与えられた君の使命なんだ。

この人生は 君と君のおかあさんとなる人が

愛し愛されるという、この上ない愛の体験をするためにある。

そして、君の両親となる人たちは とても愛ある人たちだから

安心して、勇気をもって行っておいで・・・!             」

そうして、私は、やがて光そのものとなり

おかあさんのお腹へと宿った・・・。

それからの数ヶ月間、私はこれまで味わったことがないほど

すばらしい体験をしたわ。

「ああ、なんて安らかな心地。いつもいつも溢れんばかりの

おかあさんの私への愛おしみの想いが 私に降りそそいで・・・」

私は、満たされていた。すべての瞬間、瞬間において・・・。

私は、このとき初めて 神様に言われた言葉を

本当の意味で理解することができたの。

この地上でしか味わうことのできない

「愛し愛されるという体験」をすることの

すばらしさを・・・。

私は幸せだった。天国にいた時の何倍も、何十倍もの幸福感で

満ち足りていた。

何しろ、おかあさんはその日常生活のなかで

いつもいつも何より私のことを最優先に考え

その惜しみない愛を一心に私へと向けていてくれたから・・・。

私を妊娠中のおかあさんは、時折ナーバスな気持ちに陥って

不安な想いが心によぎることもあったけど

私はその大半を愛の光の中で 過ごすことができたの。

永遠に続くかのような

   ゆったりとした静かな

  優しい時間の流れのなかで・・・。

そして、私の身体が少しずつ変化し

おかあさんとのお別れの日が近づいてきた頃

再び神様の言葉が、私の脳裏に訪れたの・・・。

「ああ、私はもうすぐ おかあさんと別れて

天国に帰らなければならないなんて・・・。

なんて悲しいこと・・・。

おかあさんは、その辛さに耐えることができるのかしら・・・?」

私はその悲しみの深さを思って、胸が押しつぶされそうに

心が痛かったわ。

そして、そのことは ある日突然やってきた。

おかあさんに 現実を受け止める心の準備を

させる暇もあたえることなく・・・。

私はまばゆい光に包まれて 次の瞬間

気が付くと 私は自分の身体から離れてしまっていたの。

私を失ったと知ったおかあさんの心は

その時 とても混乱していたみたいだったわ・・・。

そんな おかあさんを見ていることは とても辛かった・・・。

お腹の中で、それまで大切に慈しみ育んでくれた私を

もう二度とその手に抱くことができないという

現実を突きつけられて

おかあさんは どんなに深い悲しみのふちへと

突き落とされたことだったかしら・・・。

思い描いていた私との生活が

すべてかき消されてしまったと、思い知らされて・・・。

そんな気持ちの整理もつかないまま 

どれほど辛くわりきれない感情のなか、私を

外の世界に生みだしてくれたことだったのかしら・・・。

それからの数週間というもの、おかあさんの心は私を失った

深いとまどいと悲しみで 

何度も胸が締め付けられるようだったわね・・・。

なんとか自分を支えようと 必死に

一日一日が過ぎていくのを耐えていた、おかあさんの姿が

私にはとても痛々しく感じられて、本当に辛かったのよ・・・。

私はそんなおかあさんに寄り添いたくて

何度もおかあさんの心に訴えかけたけど

深すぎる悲しみがじゃまをして

おかあさんに気付いてもらうことはできなかったの・・・

そして私は、再び天国に帰った。

生まれる前の神様との約束を果たし

今回の人生での

最後の使命をやりとげるために・・・。

でも、おかあさん これだけはわかってね!

私は幸せだったことを・・・。

おかあさんのお腹の中で 私は本当に満ち足りていたの

私を気遣いいつもお腹をかばっていてくれた おかあさん

私は 私がお腹にいるおかあさんの幸福感を

やさしく心地よく

いつの日もひしひしと感じられて

本当に 私は幸せだったんだから・・・。

私が今、たった一つだけ願うこと。

それは、私がおかあさんとおとうさんに残していったものが

深い悲しみだけじゃなく

私と過ごした「やさしい時間を積み重ねたいくつもの日々の思い出」で

あってほしいということ。

今は、つらくて悲しくて

心が引き裂かれんばかりの、おかあさんたちだけれども・・・。

大丈夫!心配しないで・・・。

今のこの悲しみは、終わらない悲しみではないんだから・・・!

~ たとえ、人生に悲しみの季節が

  訪れていたとしても

  

  「希望はいつの日も輝いているから・・。」

  

  今が暗闇のまっただ中であったとしても

  人生の光はやがてめぐってくる時が

  必ず訪れるから・・・。

  

  どんな人にとっても、人生とはそういうものなんだから・・・。 ~

Photo

< 大好きな、おかあさんへ

          そしておとうさんへ >

私、勝手にお空へ帰ってきてしまってごめんね・・・。

おかあさんとおとうさんを、悲しませる結果になってしまって・・・。

私がおかあさんのお腹に宿ったって知ってから

おかあさん、とてもとても喜んでくれたね。

お腹をさすりながら 一杯一杯 私にお話してくれて

それから 私のために身体にいい食べ物ばかりを選んで取ってくれたり

とても気を使ってくれていたよね・・・。

羊水の中で 私はいつもおかあさんのあたたかいぬくもりと

優しさに包まれて、本当に幸せだったのよ。

だから、おかあさん あまり悲しまないで・・・。

私は今、天国で神様に抱っこされて 幸せにくらしています。

おかあさんとおとうさんのもとに帰れないことは 

とても残念なことだけど

これからも ずっとずっと、おかあさんとおとうさんのこと

お空から見守っているから・・・!

それと、おかあさん

誰よりも大切な おかあさんに

辛い悲しい時間を経験させてしまって、ごめんね・・・。

私に会える希望もないまま おかあさん一人に

痛みを味わわせてしまって・・・。

おかあさんが 深い悲しみに耐えしのびながら

私を外の世界に生みだしてくれた日のことを

私はけっして 忘れることはないから・・・。

そして、おかあさんとお別れしたあの日 

たくさんのきれいなお花で 私を囲んで見送ってくれて、ありがとう。

おかあさんからの心一杯の「ごめんね・・」と「ありがとう・・」

の気持ちが本当に嬉しかったの・・・。

どうかおかあさん、自分を責めたりしないで・・・。

おかあさんの思いやしてきた行動 判断とは

関係のないところで 

すべては 決まっていたことなのだから・・・。

私は、おかあさんの子供として

魂の絆が結ばれて

おかあさんのお腹に宿れただけで

幸せだったんだから・・・。

おかあさんと一緒にいられた日々は

ほんの短い時間だったかもしれないけれど

お腹の中では 永遠の今を生きていたんだからね。

たとえ元気な姿でおかあさんに抱かれることが

できなかったとしても

私の心はいつもおかあさんのやさしさに包まれて

いることができたんだから・・・。

私のこと、一杯一杯愛して可愛がってくれて

ありがとう・・・。

今度、生まれていく時こそは

おかあさんに 終わることのない喜びの日々を与え続けられる

私でいられたらいいな~と思っているのよ・・・。

Photo

< 最後に・・・ >

おかあさん、ありがとう。

私がおかあさんのお腹に宿ったその日から

お空に帰ったあの日まで

ずっとずっと おかあさんの私への深い慈しみと

やさしさを感じていられた幸せな記憶は

永遠に消えることなく

今も私を優しく包み込んでくれている

だから、おかあさん どうか悲しまないで・・・。

笑って・・・。

泣きたい時には いつでも泣いていいのよ・・・。

でも、悲しみに押しつぶされないで・・・。

私はいつまでも おかあさんとおとうさんのこと

お空の上から見守っている・・・。

そうしたいと願った時には いつでもおかあさんたちの側へ

いくことだってできるんだから・・・。

たとえ身体は消えてなくなったとしても

私という存在の想いは いつまでもどこかであり続けるの

私たちの本来の姿は、けっしてどこかに消えうせてしまうような

そんなものじゃないんだから・・・。

生きているおかあさんたちには 実感することは難しいかも

知れないけれど・・・。

目には見えないけれど、私は今も存在している

ほら、今も ここに こうして・・・。

おかあさん、

   私を感じて・・・。

おかあさんとおとうさんが私を想ってくれる時

私はいつでもおかあさんたちの心の中で

生き生きと輝き続けることができる

人生のなかで愛し愛された(共に過ごした)魂の絆は

決して断ち切れるものではないんだから・・・。

(たとえ、それがお腹の中での

       ほんのわずかな日々であったとしても・・・)

私とおかあさんたちの世界に

おかあさんたちが考えているような境界線はないのよ!

それをつくってしまっているのは

目に見えるものだけにとらわれすぎてしまう心

生きること、死ぬこと すべて含めて

私たちの今 生きているこの人生なんだから・・・。

あるのは、時の流れだけ・・・。

私が ほんの少し先を歩み始めていて

おかあさんたちがその後なんだってこと

                 忘れないでね・・・。

おかあさん、胸に手をあててみて・・・。

            私は そこにいるから・・・。

私たちは ずっといっしょ。

          今までも、そしてこれからも・・・。

「 ありがとう。

      おかあさん、おとうさん 」

私の魂は永遠に生き続ける

      

      おかあさんとおとうさんの心の中で・・・。

                  ~   大好きな おかあさんへ

                          そして、おとうさんへ

                         この空一杯の

                          愛と感謝を込めて   ~

.

.

.                                             HOMEへ

                     ページトップへ.

.

.

.

.

.


« (vol.4 ☆お腹の中で育まれてのち 男のお子さんを亡くされた おかあさんへ) | トップページ | ( vol.2 ☆ お腹の中に宿られてまもなく、男のお子さんを亡くされた おかあさんへ) »

コメント

天使からのお手紙。とても、星李良の気持ちを
伝えてくれているようで、涙があふれました。
4月29日、予定日に静かに穏やかに旅立った
星李良。ずっと、ママを愛してくれたし、とても
元気だったね。そして、産まれたお顔もとても、
美人で、安らかだった。
火葬前の寝息が聞こえたのも、私の願いを叶えた
んだね。そして、お昼寝中に良武と遊びに来てくれたのも、ママを心配して来てくれてありがとう。ママも、毎日を歩みながら、貴女の事を大事にしながら、歩まなきゃね。愛しているよ☆

投稿: 星のママ | 2008年5月18日 (日) 08時32分

星のママさんへ
 
 手紙を読んでいただいて、ありがとうございました。
 お気持ちをお察しすると言葉になりませんが
 どうか今は 娘さんへの想いを胸に抱きながら ゆっくりとお過ごしください。
 (心と身体を大切にしてくださいね・・・。)
 星のママさんの想いは
 きちんと星季良ちゃんに届いていると思いますから・・☆

投稿: sakusaku_115 | 2008年5月18日 (日) 10時43分

心晴ちゃんの事を思い出しながら読ませてもらいました。
涙か止まりませんでした。
心晴ちゃんを最後に抱いたときに見せてくれた涙はきっと心晴ちゃんからの愛の証だと想いました。

投稿: 心晴ママ | 2008年5月31日 (土) 17時07分

心晴ママさんへ

コメント、ありがとうございました。
そうですね・・。私も本当にその通りだと思います。赤ちゃんはたとえお話できなくても、お腹に宿った時から、大好きなおかあさんと深い魂の部分でつながってるんだと思います。深い悲しみが癒されるには、時間がかかると思いますが どうか、くじけないでくださいね・・。

天使ママさんたちと交流される中で・・また、あたたかい周りの人たちに支えられながら 少しずつ気持ちを整理されていって下さい。
(心晴ママさんのお腹に再び、命が戻られますように・・・願っています☆)

投稿: sakusaku_115 | 2008年5月31日 (土) 17時54分

こんにちは!
先日はブログにコメント、ありがとうございました。
赤ちゃんからのメッセージ、とても優しくて、涙がポロポロ出てきました。

私達天使ママの痛みや苦しみを、わかってくださってありがとうございます。
それからこんな素敵な詩を、ここに残してくれてありがとうございます。

娘と会話したくなったときにはここに来ます。

ブックマーク、させていただきました^^

投稿: コウ | 2008年6月 1日 (日) 23時45分

コウさんへ

「手紙をブログで公開すること」・・「天使ママさんに紹介させていただくこと」を最初、戸惑っていた頃もありましたが、そんなふうに言っていただけて・・とても、嬉しいです(そして、安心しました)

コウさんのnaoちゃんへのお手紙・・とっても、とっても優しい想いが溢れていました・・。
ブックマーク、ありがとうございました。
「ふたたび、天使を抱きたい・・」というコウさんの強い願いは、いつか必ず叶えられると信じています。

諦めないで、きっと願いを遂げてくださいね・・・☆^^

投稿: sakusaku_115 | 2008年6月 2日 (月) 14時59分

はじめまして。全くの偶然に、こちらのサイトへ
やってきました。7月1日に流産手術をして、7週の赤ちゃんにお別れをしました。でも、実はお別れをしたとは感じず、赤ちゃんがいつも見守ってくれているように感じています。赤ちゃんからの手紙を渡してくださいましたね。ありがとうございます。

投稿: ゆうちゃんママ | 2008年7月 7日 (月) 15時00分

ゆうちゃんママさんへ

たとえ、どんなに短い日々であったとしても 
一度赤ちゃんと出会われてからのお別れ・・・。
さぞ、お辛かったことと思います。
今は、ゆっくりと身体を大切に休まれてくださいね。
(手紙の方は、内容は同じなのですが よければ 
vol.1を読んでいただけたら・・と思います。)

投稿: sakusaku_115 | 2008年7月 8日 (火) 10時50分

胸にじんと来ました。
現在私は小規模ですが天使ママ、パパ対象のHPをしております。よろしければそちらで紹介させていただけませんか?

投稿: ゆなちゃんママ | 2008年11月27日 (木) 21時40分

ゆなちゃんママさんへ

ご訪問、ありがとうございました。
ゆなちゃんママさんのHPは じつは私も以前から気になって
おじゃまさせていただいていました。
素敵なHPですね。
ご紹介の方、どうかよろしくお願いいたします。
勝手ながら 私の方でもリンクさせていただきました。(^^)

投稿: sakusaku_115 | 2008年11月28日 (金) 03時07分

ありがとうございます。
早速HPの掲示板からリンクしています。
私のHPをご存知いただいていたこと、とても驚きました。ご縁があったことに感謝いたします。それにおほめいただいて、ちょっと恥ずかしいです。つたないHPですし、私もへなちょこ全開ですし…(^_^;)
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: ゆなちゃんママ | 2008年11月28日 (金) 17時05分

ゆなちゃんママさんへ

こちらこそ、ご紹介いただいてありがとうございます。
早速 たくさんの天使ママさんに読んでいただけてうれしいです。
コメント、書き込みにくくてごめんなさいね。
これからもいいコミュニティの場を続けていかれてくださいね・・。(*^-^)

投稿: sakusaku_115 | 2008年11月29日 (土) 01時07分

以前からこの手紙を読ませていただいていました…
初めて読んだ時には声を出して泣いてしまいました。
私も夏に女の子を亡くしました。
予定日がクリスマスだったので、近づくにつれて思い出してしまうばかりです。
この手紙を読むと優しい気持ちになれます…
無事に出産されたまま達にも読んでもらいたいと思い、私のブログの方にも勝手ながらリンク貼らせていただきました。
すみません…

また、悲しくてどうしようもなくなったら手紙読みたいなって思います。

投稿: ゆなまま | 2008年12月 9日 (火) 14時06分

ゆなままさんへ

お手紙を読んでいただいていたのですね・・。
たくさん、泣かせてしまって・・ごめんなさいね。
でも、優しい気持ちになれると言っていただいて安心しました。
お腹の中で大切に育まれたお子さんをお空に還されて
どんなにお辛く寂しいお気持ちの中過ごされてみえることかと思いますが
希望を失わず、毎日を歩まれてください。
お空のお子さんがきっと、ゆなままさんの人生を光ある方に
導いてくれると信じています・・☆
リンクしていただいて、ありがとうございました(^^)

投稿: sakusaku_115 | 2008年12月10日 (水) 05時13分

はじめまして。
初めてこちらにお邪魔しました。
私は娘と離れ離れになって4ヶ月が過ぎました。4ヶ月経っても娘を想う気持ちは変わらないけど、時間と共に笑えるようにもなったし少しずつですが普通に生活できるようになってきました。
「手紙」は涙があふれました。本当に娘からの手紙のように感じました。
また少し元気をなくしたときにお邪魔させていただきます。
素敵な手紙をありがとうございました。

投稿: はるねママ | 2009年2月18日 (水) 17時10分

はるねママさんへ

娘さんとお別れされて、まだ日も浅く
お辛い日々を送られてみえることと思われます。
焦らずゆっくりと気持ちを整理されていってくださいね。
悲しみが癒えるには長い時間の経過が必要かも知れませんが
いつかやさしい気持ちで穏やかに娘さんを想える日が
訪れるのではないかと信じています。
おかあさんをきっと見守ってくれているだろう娘さんへの想いを胸に 
これからを歩まれてくださいね。
よければ また、いつでもご訪問ください・・☆

投稿: sakusaku_115 | 2009年2月19日 (木) 10時43分

ブログへコメントありがとうございました。
他にコメントしているこうさんやはるねママ
さんもブロ友さんなので、このブログも他の天使ママさん
たちをいやしてくれるのでしょうね・・・。
私はもうすぐ予定日を迎えて、街で見かける子連れ
ファミリーやおなかの大きい妊婦さんがまたうらやましくて
切ない気持ちです・・・・。
私にも亡くなった理欧の言葉が聞こえたらいいな。
本当にお手紙が届いたらいいのになって思いました・・・。
ありがとうございました。

投稿: marilein | 2009年7月26日 (日) 18時35分

marileinさんへ

早速にご訪問いただき、ありがとうございました。
そうだったんですね。こうさんや、はるねママさんはブロ友さんだったのですね。
予定日が近づくと お辛く感じられる天使ママさんが多いと思いますが、どうか穏やかな心でその日を迎えられるようお祈りしています。
メッセージ本のページもまた、よければ ご覧になってみてくださいね。
また、ブログに遊びにおじゃまさせてください・・。

投稿: sakusaku_115 | 2009年7月26日 (日) 22時49分

はじめて拝見させていただきました。
9月に出産し、10月に息子は天国へ旅立ちました。明日でちょうど1か月が経ちます。

今日はとてもつらい気持ちだったのですが、このページに救われました。天使になった息子がいつでも寄り添ってくれていると思ってこれからも歩んでいきたいと思います。

また、おじゃまさせてくださいね。

投稿: るいママ | 2009年11月22日 (日) 14時35分

るいママさんへ

どれほどお辛く寂しいお気持ちの中、毎日を過ごされてみえることでしょうか・・。

お空にかえられた息子さんも、きっと心配そうにおかあさんのことを見守ってみえることと思います。今は、ゆっくりとお身体を休ませてあげてくださいね。
お気持ちの整理をされるには長い時間がかかると思いますが どうか、くじけず希望を失わず ご主人と共にこれからを歩んでいかれることを願わせていただきます。

また、いつでもご訪問下さい。
(手紙は、NO.4かNO.6を読んでいただけたらどうかと思います。)

投稿: sakusaku_115 | 2009年11月24日 (火) 11時06分

待ちに待った息子を2009年11月13日27週5日で亡くしました。毎日天使ママさんたちのブログを読む生活を送っていました。そんな中で、このサイトに出会いました。
涙がとまらなかった。
たくさん泣いたのに、止まりません。
でも、悲しい涙ではなく、うれしい涙でした。
本当に、嬉しかった。
実は明日、息子をを亡くして三回目の月命日です。
そんな日を前に、このサイトに出会えたのは、本当に息子からのメッセージかもしれないと思っています。
ありがとうございました。

       

投稿: いっくんママ | 2010年2月12日 (金) 13時43分

いっくんママさんへ

コメント、ありがとうございました。
お腹の中で大切に大切に育まれたお子さんをお空にかえされて どれほど辛くお寂しい日々を送ってみえることでしょうか・・。
経験されたおかあさんでないと、なかなか理解しきれない感情なだけに ネットを通じてのたくさんの天使ママさんの存在はさぞ、心強く感じられたことと思います。
まだまだ日も浅く、お気持ちの整理をされるには長い時間の経過が必要かと思いますが どうか無理をされず、ゆっくりと前を向いて歩んでいって下さいね・・☆
(また、手紙を小さな手作りの本にまとめた紹介もHOMEの方に載せさせていただいていますので よければ、そちらもご覧下さい)

投稿: sakusaku_115 | 2010年2月12日 (金) 22時19分

3週間前、原因不明で女の子の赤ちゃんを死産しました。
あんなに元気にお腹の中で動いていたのに・・・
生んだはずなのに赤ちゃんがいない・・・
心も身体も、赤ちゃんがいない事実を理解できていません。
そうしてココにたどり着きました。


私の赤ちゃん、空からの手紙、ありがとう。
ママはあなたに会いたくて会いたくて、今は毎日ずっと泣いてばかりだけど、あなたの自慢のママになれるように前を向いて生きて行くから。
だからまたママのお腹に戻ってきて、次は元気な産声を聞かせてほしい。
ママ、待ってるよ。

投稿: 0303 | 2010年7月23日 (金) 14時30分

☆コメントをいただいた全ての天使ママさんへ

現在、多忙のためコメントへの返信を全ての方にさせていただくことが出来ません。
これまで書き込ませていただいた返信は、全ての天使ママさんに対する想いです。

どうか、けっして希望を失うことなく 今の悲しみがいつの日か和らぎ
再び光溢れる日々が訪れることを信じて、お空のお子さまへの想いを胸に
焦らずゆっくりと歩んでいかれることを願わせていただきます・・・☆

投稿: sakusaku_115 | 2010年7月28日 (水) 19時13分

素敵なお手紙ありがとうございます。
私も3週間ほど前長女扶美香を妊娠37週目で死産しました。今日はちょうど予定日でした。数日前から本当だったら今頃産んでいたのにと思うと苦しくて眠れなく睡眠薬を飲んでどうにか寝ていました。この手紙に出会いちょうど扶美香が天国から私に語りかけているようで涙が止まりませんでした。希望の光を見つけて一歩ずつ前に歩いて行かなければ、天国にいる扶美香のためにもと思いました。本当にありがとうございました。

投稿: 扶美香ママ | 2010年12月22日 (水) 01時48分

扶美香ママさんへ

大切に大切にお腹の中で育まれた娘さんをお空にかえされて、どれほどお辛く深い悲しみの中にみえることでしょうか・・。初めての女のお子さんだっただけに、またご主人やご家族の寂しさも言葉に尽くせないものなのだと思います。
どうか今は無理をされず たくさん扶美香ちゃんのことを想ってあげて下さい。悲しみが癒えるには長い長い月日が必要なのだと思いますが、いつかそう遠くない日に 再び新しい命に出会える日が必ず来ると信じていますので今を耐え抜き、希望をもって新しい年を迎えてほしいと思います。
扶美香ママさんとご主人のお幸せを心よりお祈りしています・・☆

投稿: sakusaku115 | 2010年12月24日 (金) 20時28分

3か月前に27週で可愛い女の子を死産しました。このお手紙に出会ってから何回か読み返しています。3か月経った今でも悲しい気持ちは変わらず、どう過ごしていいかわからない日があります。そんな時に読んで温かい気持ちにさせてもらってます。。。ありがとうございます。

投稿: ひーちゃんママ | 2011年1月 6日 (木) 12時08分

ひーちゃんママさんへ

お辛い中、書き込みいただきありがとうございます。大切に大切に育まれたお子さんをお空にかえされて、言葉には尽くせない深い悲しみの中にみえることと思います。
まだまだお別れされて日も浅く、様々にお気持ちが揺れ動くのも仕方のないことだと思いますが どうか希望を持って毎日を歩まれることを心よりお祈りしています。

すでにご存知かも知れませんが おすすめのサイトや本を紹介させていただきますね。
「ママ、さよなら。ありがとう」池川明 リヨン社 (とてもいい本です。)
http://group.ameba.jp/members/?groupId=J33SpCeXrNUv
こちらでは、たくさんの赤ちゃんをお空にかえされたおかあさんが交流してみえます。(記事を読んだりするだけでも、「自分だけじゃない」と孤独感から抜け出せるかも知れません)
http://www.enmanji.com/soudan/
「お空の赤ちゃん相談所」という、こちらのサイトの「優しいお空の赤ちゃん」という記事をおすすめします。(また、気が向かれたら訪問などしてみて下さいね。)

投稿: sakusaku115 | 2011年1月 9日 (日) 03時12分

先月クリスマス前に長女を20週で死産しました。今日長男と公園で遊んでいると、半年以上ぶりに見かけたママ友が赤ちゃんをおんぶしていて、気づかれる前に逃げ帰ってしまいました。そんなことをしていても、娘が喜ぶはずないと分っているのに、体が言うことを聞きませんでした。

そして今日この手紙を読むことができ、さっきから涙が止まりません。昼間のことを天国から娘が見ていて、ここに連れてきてくれたのかな。弱いママでごめんね、本当にありがとう。

投稿: 満咲ママ | 2011年1月10日 (月) 00時37分

満咲ママさんへ

お子さんをお空にかえされてまだ一ヶ月も経っておらず、お身体の方は大丈夫ですか。どんなにかお辛い想いをされたでしょうに、息子さんのために外に出られてとても頑張られてみえるのだなあと感じさせていただきました。
赤ちゃんを見れない気持ちも当たり前の感情だと思います。どうか今は心身共に無理をされず、お気持ちが少しでも楽に過ごせるよう泣きたい時にはたくさん泣いて、お空のお子さんを一杯想ってあげて下さいね。
悲しみや心の痛みが消えることはないのかも知れませんが、月日がきっと少しずつお気持ちを和らげていってくれるのではないかと信じています・・☆

投稿: sakusaku115 | 2011年1月10日 (月) 03時56分

一昨日 娘を27週で死産しましたweepほんま 何でweepて 自分を責めてばかりweepゆりあは 何の為に来たのて泣いてばかりweep だからかな ゆりあが ここに導いてくれたんかなweep まだまだ 辛いけど ママ頑張るから 安心してお空にいって またパパと ママの元に来てね

投稿: ゆりあママ | 2011年7月 3日 (日) 19時53分

ゆりあママさんへ

言葉には尽くせない、お辛い経験をされましたね。。
今はただ、無理されずゆっくりと身体を休められて下さい。あまりご自身を責められないで下さいね。あたたかい周囲の方たちに支えられながら、生活される中で 少しづつお気持ちが落ち着かれていかれることを心より願っています。

どうか、ゆりあちゃんがいつまでも大好きなおかあさんとお父さんを見守ってくれていることをけっして忘れないで下さいね。
悲しいときには涙の流れるままに・・たくさん泣いて下さい。そして、ゆりあちゃんのことを一杯一杯想ってあげてくださいね・・☆

投稿: sakusaku_115 | 2011年7月 3日 (日) 20時57分

私は先月妊娠26週で死産しました。
初めて顔を見たときは悲しいよりも先に、嬉しい、可愛いという感情しかなっかったです。可愛くて可愛くて連れて帰りたくてたまらなかったです。
幸せな毎日の想像しかしてなかったから。。。
もっとお話すればよかった。もっと大切にしてあげればよかった。
今も可愛いわが子に会いたくてたまりません。
たまに怖くなるときがあります。ずっと一番近くにいてくれた存在で、いて当たり前だと思っていた存在が急にいなくなってしまって。。。
この手紙のように私の子も思ってくれているんでしょうか。

投稿: ミクママ | 2011年7月12日 (火) 11時51分

私は大きな地震のあった3月11日に妊娠6ヶ月で女の子を流産しました。
やっと自身の気持ちも落ち着き、このページを見ることができました。
涙がたくさん出ました。
でも、凄く心が和みました。
ありがとうございます。
なんだか赤ちゃんからのメッセージのようで心に響きました。
本当にありがとうございます。
また、赤ちゃんが宿ってくれるよう祈っています☆

投稿: | 2011年7月12日 (火) 15時32分

書き込み、ありがとうございます。
お腹が大きくなられてからの流産・・どんなにか、お辛かったでしょうね。。
手紙を読まれる方によっては、お辛く感じられる方もみえるかも知れません。
そんな時は、無理されず また、読みたくなったらいつでも訪問下さいね。

きっと大丈夫ですよ!今度こそ、元気な赤ちゃんに出会えると信じて・・疑わないで 希望を持って毎日をお過ごし下さい。新しい命との出会いによって、今の悲しみが和らぐ日が必ず、訪れる時が来ると信じていますので・・☆

投稿: sakusaku115 | 2011年7月14日 (木) 10時44分

ミクママさんへ

お返事が遅れて、すみません。
言葉には尽くせないお辛い経験をされましたね。。大切に大切にお腹の中で育まれたわが子との対面、どんなにか愛おしく感じられたことでしょう。。
おわかれは、身を切られるような寂しさ切なさだったのでしょうね・・。「ああしていれば・・こうしてあげれば・・」想いは尽きませんね・・。

でも、きっと大丈夫ですよ!赤ちゃんはお母さんの気持ちを世界中の誰よりも理解し、愛情を受け取っているのだと思います。たとえ、お空の上でも、姿が見えなくても お母さんの溢れる想いに今も包まれているのだと・・。
今は、本当にお辛いですよね。。お気持ちが落ち着かれるには長い長い時間が必要なのかも知れませんが、どうか今を耐えしのいでほしいと思います。きっと、少しずつ少しずつ和らいでいくお気持ちを感じられる日がくると思いますので・・。


あるHPに載っていた言葉を紹介させていただきますね。

**彼女がいなくなったことをいつまでも悲しみ続けることもできますが、
  彼女が生きていたときの思い出で、いつも微笑んでいることもできます。
  あなたは目を閉じて、彼女が戻ってくることを祈ることもできます。
  または彼女が残したすべてのものを眺めることもできます。
  彼女と会えないことであなたの心に穴が開いてるかもしれません。
  しかし、彼女との思い出を共有し心育むこともできます。
  明日に背を向け、昨日までの過ぎ去った日を思うこともできます。
  昨日までのあったことを思い、明日を幸福に迎えることもできます。
  彼女がいなくなったことだけを思うこともできますが、

  彼女との楽しかった思い出をいつまでも持ち続けることもできます。

  背を向け自分の心を閉じて泣くこともできます。
  目を開け、いつも愛いっぱいの心で前に進むこともできます。   

       
~虹色の心 HPより~


お腹の赤ちゃんとの時間はけっして多くはなかったかも知れませんが、けれど確かにそこに存在し 慈しみあった優しい日々の思い出を大切にしてあげて下さいね。
そして、母子の絆はきっと永遠に切れることはないのだと思いますから・・。

投稿: sakusaku115 | 2011年7月14日 (木) 11時36分

先月、39週6日で娘を死産しました。破水直後まではすごく元気だったので、医師から心音が止まっていると言われた時は、何のことだか分かりませんでした。
産まれてきた我が子はとっても可愛くて、ずーっと抱っこしていたかった。どんな声で泣いたんだろうか、大きくなったらどんな子になったんだろうか、いろいろ想像してしまい涙が止まりませんでした。
1か月たった今も娘に会いたくてどうしようもなく辛くて寂しくなることがあります。
まだまだ心が癒えるまでには時間がかかってしまいそうですが、この手紙を読んで、娘に「お母さん」と呼ばれているようで少し嬉しかったです。

投稿: さなママ | 2011年8月19日 (金) 11時46分

さなママさんへ

お辛い中、手紙を読んでいただき 書き込み下さりありがとうございます。言葉には尽くせない、大変な想いをされましたね。。今はどんなにか、娘さんのいない寂しさ 後悔の想いで悲しみに沈んでみえることかと思います。。
何にもかえがたいほど大切に愛おしんでみえた娘さんのみえない寂しさが和らがれるには、長い長い時間の経過が必要なのかも知れませんが、どうか希望を失わず 今を耐えしのいでほしいと思います。いつの日かきっと、心の痛みが和らぎ 今よりずっと優しい気持ちで娘さんを想える日が来るのではないかと信じています。
(泣きたい時には一杯泣いて、たくさん娘さんを想ってあげて下さいね。)


参考までに、赤ちゃんをなくされたお母さんのための本やサイトを紹介させていただきます。お気持ちを和らげるための助けになるのではないかと思います。

「ママ、さよなら。ありがとう」    池川 明   リヨン社
 とても いい本です。(Amazonでネット販売しています)

http://group.ameba.jp/members/?groupId=J33SpCeXrNUv
こちらでは、たくさんの赤ちゃんをお空にかえされたおかあさんが
交流してみえます。(記事を読んだりするだけでも、「自分だけじゃない」と
孤独感から抜け出せるかも知れません)
http://www.enmanji.com/soudan/
「お空の赤ちゃん相談所」という、こちらのサイトの「優しいお空の赤ちゃん」
という記事をおすすめします。
http://www.oct-net.ne.jp/~ha-2pac/newpage58.html
こちらのサイトは、とっても心に優しいサイトです。

また、気が向かれたら訪問などしてみて下さい。
(お身体をゆっくりと休められて下さいね)

投稿: sakusaku115 | 2011年8月21日 (日) 03時56分

sakusaku115様
昨年の7月に娘を死産しこちらのサイトをみて涙し、励まされたものです。
実は先月やっと我が子の産声を聞くことができました。元気な女の子です。
今回の妊娠を知ったとき正直、嬉しさよりも不安の方が強くて、楽しいマタニティーライフとはいきませんでしたが周囲の人たちの支えもあり無事に出産することができました。
昨年の今頃は、心から笑える日なんてもう来ないと思っていましたが、時が気持ちを癒してくれました。こうして喜びの報告をできることを嬉しく思います。
お空にいる娘の分まで大切に育てていきたいと思ってます。

投稿: さなママ | 2012年10月14日 (日) 11時13分

さなママさんへ

喜びのご報告ありがとうございます。本当によかったですね。
無事、ご出産されるまでは さぞご心配だったことでしょう・・。
新しい命となって、さなママさんの元にみえた娘さんと過ごされるこれからの日々の中で 少しづつさなママさんの心が癒されていくことと信じています。

このようなご報告は、今現在 誕生死の悲しみの中にいる人にとっても希望となられることでしょう。
育児の大変さに心悩まされることもあるかも知れませんが、がんばって下さいね。
お幸せを心よりお祈りしています・・☆

投稿: sakusaku115 | 2012年10月14日 (日) 14時02分

先月23週で娘をお空へかえしました。ひどいつわりもお腹のふくらみで不自由な生活もすべてが幸せでした。ゆえちゃん、お空でお友達と遊んでいますか?神様にだっこしてもらっていますか?お母さん、毎日泣いてばかりだけどがんばるね。お空から見ていてね。
今日、あの日以来初めて空を見上げました。この手紙のおかげです。ありがとうございます。

投稿: | 2012年12月 7日 (金) 21時19分

手紙をお読みいただきありがとうございます。
小さな命をお腹に宿された時の胸ときめく感動・・ご主人と喜びを分かち合いながら、大切に大切に毎日を過ごされてみえたことでしょう。
どんなにかお辛かったことでしょうね。。夢ではないかと現実を受け入れるにもお時間がかかったことと思います。

泣きたいときにはたくさん泣いて、お空の娘さんを想ってあげて下さい。そして、けっして希望を失うことなく前を向いて歩いてほしいと思います。今の悲しみが永遠に続くわけではないこと・・いつか、きっと穏やかな心で笑顔を取り戻せる日が来ることを忘れないで今を耐えてほしいと思います。
今のように医学が進んだ現代でもこのような悲しみを経験されるおかあさんは少なくないんですね。。姿はみえずとも、娘さんとおかあさんの魂の絆はしっかりとつながれ いつもお母さんを見守ってくれていると思いますので心を強く持ってこれからを過ごされて下さい。

投稿: sakusaku115 | 2012年12月 8日 (土) 16時39分

はじめまして。先月末40週3日で天使になった娘を出産しました。分娩台へ昇ったときは元気な娘に会えるはずでした。でも、あと少しで産まれるというところで、胎盤が先に剥がれてしまって、私も上手くいきめなくなって。。。
その時のことを思い出してはとても苦しくなります。
この手紙を読んで、涙が止まりませんでした。

苦しくなかったかな?怖くなかった?ビックリしたよね。ごめんね。。元気に産んであげるはずだったのに、もう少しで会えるねってお話していたのに。
なかなか出て来ないあなたに、「早く出てきて」って泣いてあたったりしたこともとても後悔してる。本当にごめんね。
でも、あなたが私たちを選んで来てくれてとても嬉しかった。お腹にいる間もトラブル続きで頑張ってもらってばかりだったね。大変だったよね。でも、お母さんはお腹の中で動くあなたがとても可愛くて愛しくて、本当に幸せだったよ。とても幸せだった。お父さんとあなたと3人で過ごすことができて、とても楽しかった。
それに産まれてきたあなたは、ビックリするくらい可愛かった。あなたが私たちの娘だと思うと、とても嬉しいし誇らしいし、幸せだよ。
私たちを選んでくれてありがとう。たくさん頑張ってくれてありがとう。お父さんとお母さんにしてくれてありがとう。

また戻って来てね。
今度こそ元気なあなたを抱っこしたいな。
頑張って元気に産むからね。
それまでお母さん頑張るね。

投稿: lovelymaple | 2013年2月19日 (火) 17時21分

lovelymapleさんへ

手紙をお読みいただき書き込みありがとうございました。言葉には尽くせないお辛い経験をされましたね。。後悔してもしきれない悲しみと苦しみの底に今はみえるかも知れませんがどうか希望を持ち続けてほしいと思います。
同じようなご経験をされた天使ママさんの多くがその後に新しい命を授かられてみえるという事実も忘れないでほしいのです。
泣きたい時には一杯泣いて、お空のお子さんを思いながらどうか今を耐えて下さい。

■参考までに、赤ちゃんを亡くされたおかあさんのためのサイトや本をご紹介させていただきますね。

「ママ、さよなら。ありがとう」池川 明   リヨン社
 とても いい本です。(Amazonでネット販売しています)
http://group.ameba.jp/members/?groupId=J33SpCeXrNUv
こちらでは、たくさんの赤ちゃんをお空にかえされたおかあさんが交流してみえます。(記事を読んだりするだけでも孤独感から抜け出せるかも知れません)
http://www.enmanji.com/soudan/
「お空の赤ちゃん相談所」という、こちらのサイトの「優しいお空の赤ちゃん」
という記事をおすすめします。
http://pocosmama.babymilk.jp/
「ポコズママの会」誕生死を経験された天使ママのためのサイトです。

また、気が向かれたら訪問などしてみて下さい。
(お身体をゆっくりと休められて下さいね)

投稿: sakusaku115 | 2013年2月20日 (水) 09時56分

10日前に18週で死産しました。。
安定期に入って、5歳の息子のママ友達に妊娠の報告をした矢先でした。

1人っ子でいこうと思っていたけど、お兄ちゃんの切実な希望でママのお腹に来てくれたかすみちゃん。2人目だからお兄ちゃんにあわせてママが無茶しちゃったから?
検診で心音がとれなかった時にお医者さんは10人に1人があり得る事だから次の子はきっと元気に産まれてくるって言ってくれたけど、私はあなたを元気に産みたかった…あなたを元気に育てたかった…
結局性別も分からない姿で産まれてきてくれたけど、ママはあなたが女の子だって分かってた。

このお手紙を読んで、かすみちゃんが神様からの使命をもってお腹に来てくれた事を知りました。
ちゃんとパパ、ママ、お兄ちゃんに伝わった事を伝えたい。やっぱり寂しくて悲しくて毎日泣いてしまうけど、あなたが教えてくれたことを受けとめながら前に進もうと思います。

投稿: かすみママ | 2013年2月20日 (水) 21時18分

かすみママさんへ

大変なご経験をされましたね。。お身体の方は大丈夫ですか。突然の出来事にさぞ、驚かれたことでしょうね。病院の先生がおっしゃるように決しておかあさんのせいではないと思いますので、どうかあまりご自分を責めないで下さい。
大切にお腹の中で育んできた我が子とのおわかれが最初から決められていたことだなんて、なかなか受け入れられるものではないですよね・・

かすみちゃんはずっと、おかあさんの心の中にいてかすみママさんのこれからの人生を見守ってくれていると思うので、かすみちゃんへの想いを大切に毎日を歩んでいただけたら・・と思います☆(お兄ちゃんがみえて、なかなか泣いたりできないかも知れませんが我慢せず、泣きたい時はたくさん泣いて下さいね)

投稿: sakusaku115 | 2013年2月22日 (金) 09時42分

ゆりあを失って此処にたどり着き あれから二年が経ちます
あの後一回流産し 現在では横ですやすや寝てる我が子がいます
ゆりあが 居たらて まだあの日の事は つい最近の様に思えるけど今 私達に出来る事は ゆりあの分まで この子を愛する事 悲しみのどん底に居た私は此処で 救われました
此 ありがとうございました

投稿: ゆりあまま | 2013年8月 6日 (火) 06時58分

ゆりあままさんへ

書き込みありがとうございます。新しい命を迎えられて本当によかったですね・・
反面、毎日目にするお子さんの愛くるしさに接する度、 ゆりあちゃんへの想いも募ることでしょう。。(多くの天使ママさんが背負っていかなければならない共通の悲しみなのかも知れませんね)

深い悲しみをご経験された分、きっと愛情深いおかあさんになられることと思います。
ようやく出会えたお子さんとの出会いをかみしめながら、日々を大切にお過ごし下さい。そして、ゆりあちゃんのことも心の中で一杯想ってあげて下さいね。
お幸せを心よりお祈りしています・・☆

投稿: sakusaku115 | 2013年8月 8日 (木) 11時17分

1週間前に、37週で赤ちゃんがお空に還っていきました。 
妊娠6か月くらいから急に成長が遅れ始め、
心臓や肺に異常が見られるようになってきました。
医師からも、死産になることは覚悟しておいた方がよい、
とずっと告げられてきました。
だけど小さい身体でもお腹の中で10か月も頑張って生きてくれたんです。
生まれた時は本当に感動で、やっと会えたねって
晴香ちゃんに言っちゃいました。

まだ思い出しては泣いてしまう日々が続きますが、
この掲示板にいきついて、天使のお手紙を読んだら、まるで晴香ちゃんがそう言ってくれてるみたいに優しい気持ちになれました。
いつまでも悲しんでいると、晴香ちゃんも悲しむ。
晴香ちゃんはママの心のなかでずっと生き続けてくれているんだから、
ママも頑張る。
そんな気持ちになれました。
ありがとうございます。

そして、晴香ちゃん
ママのお腹に宿ってくれて本当にありがとう。
ママも晴香ちゃんと過ごせた10か月間は本当に幸せだったよ。
大好き、晴香ちゃん(^O^)

投稿: 晴香ママ | 2014年1月13日 (月) 19時12分

晴香ママさんへ

手紙を読んでいただきありがとうございました。
37週まで大切に大切にお腹の中で育まれたのですね・・
病院の先生からの言葉に、大きくなるお腹を感じながら、さぞ不安な日々を過ごされてみえたことでしょう。。

おかあさんがそうであったように、晴香ちゃんもまた「おかあさんに会いたい。
たとえ、ほんのわずかな短い時間だったとしても おかあさんの子供として生まれたい」
と10ヶ月間、頑張られたんですね。

お別れされてまもなくの日々で、お身体もお疲れのことでしょう。
まずは、ゆっくり休められて下さい。そして、泣きたい時には一杯泣いて下さいね。
ネットを通じて天使ママさんと交流したり、音楽を聞いたり、晴香ちゃんを想いながら
ご自分にあった方法でお気持ちが少しでも安らがれる日々をお過ごしください。
これからの晴香ママさんの人生にたくさんの喜びや希望が訪れることを
心よりお祈りしています・・☆

投稿: sakusaku115 | 2014年1月15日 (水) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522427/10049552

この記事へのトラックバック一覧です: (vol.3 ☆お腹の中で育まれてのち 女のお子さんを亡くされた おかあさんへ):

« (vol.4 ☆お腹の中で育まれてのち 男のお子さんを亡くされた おかあさんへ) | トップページ | ( vol.2 ☆ お腹の中に宿られてまもなく、男のお子さんを亡くされた おかあさんへ) »